“きへいぢ”の漢字の書き方と例文
語句割合
喜平治100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ればなり今朝御親類の周藏と云る人此曼陀羅と引替に金は持參致されしと聞てそれは老人で御座るかと云ふに藤八皆未い御人其外に喜平治にも來られしと語るに九助夫は皆年齡が違ひますと聞藤八ハヽア成程違ふ筈だ跡で此方にも少し胡亂の儀思ひ當る事も御座ればが明日參つて吟味致さんにより村中の者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)