“きふらい”の漢字の書き方と例文
語句割合
急瀬100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大霧をるよと見る間に、急瀬上下に乱流する如くなりて、中霄れ、片々団々れて飛んで細かく分裂するや、シヤボン球の如き小薄膜となり、球々相摩擦して、争ひて下界に下る、三合四合
霧の不二、月の不二 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)