“きふさ”の漢字の書き方と例文
語句割合
気鬱100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
直して、もうおみなさいましてはいかがですえ。娘や、おまえも、たんまりと愉しみなよ。そして朝になってごらん。女ってえものは、すっかり気鬱ぎ病なんかってしまっているものさね。……ほほほ
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)