“きばへんじゃく”の漢字の書き方と例文
語句割合
耆婆扁鵲100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大概のことは気にもかけなかったが、婆さん貧病は治して貰った、我が朝の、耆婆扁鵲きばへんじゃくと思う人を、藪はちと気になったから、山の井さんを何だ、と思うとめるとね。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お雪の病気をなおすにも怪しいものを退治るにも、耆婆扁鵲きばへんじゃくに及ばず、宮本武蔵、岩見重太郎にも及ばず、ただ篠田の心一つであると悟りましたので、まだ、二日三日も居て介抱もしてやりたかったのではありますけれども
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)