提灯ちょうちん
八月の中比で国へ帰る連中はとうに帰ってしまい、懐の暖かな連中は海岸へ往ったり山へ往ったり、東京にいるのは金のない奴か物臭か、其のあたりのバーの女給にお思召をつけている奴か、それでなければ僕等のように酒 …
作品に特徴的な語句
自己おのれ
題名が同じ作品
提灯 (新字旧仮名)田中貢太郎 (著)