“まなこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マナコ
語句割合
98.8%
巨眼0.2%
正見0.2%
0.2%
眼中0.2%
0.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
火をくぐり、血しぶきを見、腐れたしかばねきもを冷やし、人間のする鬼畜きちくごうまなこにするうち、度胸もついて参ります
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
それから僕は火事場へ駈けつけると見せて、実は刻々に殖えてくる寝ぼけまなこの弥次馬の間を掻きわけ掻きわけ、どんどん脇道の方へ曲っていった。
深夜の市長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
兎角とかくするほどあやしふねはます/\接近せつきんきたつて、しろあかみどり燈光とうくわう闇夜やみきらめく魔神まじん巨眼まなこのごとく、本船ほんせん左舷さげん後方こうほうやく四五百米突メートルところかゞやいてる。
右舷うげん毒蛇どくじや巨眼まなこごと緑色りよくしよく舷燈げんとうあらはせるほかは、船橋せんけうにも
第七講 四つの正見まなこ
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
直次が驚愕おどろきに青ざめしおもてを斜に見下して、お蘭樣は冷やかなる眼中まなこに笑みをうかべて、水の底にも都のありと詠みてみかどを誘ひし尼君が心は知らず、我父は此世の憂きにあきて
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「俺は碧光のまなこを贈ってやろう」
太虚司法伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)