“鬨烟家”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうのえんか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鬨烟家”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
攀縁して登ときはかみ稍平なり。方丈許席のごとき石あり。其上に坐して望めば南海に至り西広島城下につらなる。万里蒼波一鬨烟家こうのえんかみな掌中にあり。又本途に就き遂に二里広島城下藤屋一郎兵衛の家にやどる。市に入て猿猴橋ゑんこうばし京橋を過来る。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
PR