“馴化”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じゅんか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“馴化”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本8.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いかに馴化じゅんかされた美でも、古くなり気が抜けては、生気に充ちみちた時代の気分と合わなくなってしまう。
明治美人伝 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
改革の第一歩は勇気に根ざす、いかに馴化じゅんかされた美でも、古くなり気が抜けては、生気にちた時代の気分とは合わなくなってしまう。
明治大正美人追憶 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)