“雲長”の読み方と例文
読み方割合
うんちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下邳の城は丞相もご承知の関羽雲長が、守り固めております。——かねて玄徳はかかる場合を案じてか、二夫人と老幼のものを
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これは予州の太守劉玄徳が義弟の関羽雲長なり、家兄玄徳の仰せをうけて、義のため、呂布を扶けに馳けつけて参った。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
雲長は笑ってばかりいる。張飛がせきたてても、なかなか腰を上げそうもないので、張飛は、「何が相かわらずだ」と、やや突っかかるような言葉で反問した。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)