“雪月花”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せつげつか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雪月花”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かような馬鹿馬鹿しい無益な興味のほかに、また一ツ昔の地図の便利な事は雪月花せつげつかの名所や神社仏閣の位置をば殊更目につきやすいように色摺いろずりにしてあるのみならず時としては案内記のようにこの処より何々まで凡幾町およそいくちょう植木屋多しなぞと説明が加えてある事である。