“陽成”の読み方と例文
読み方割合
ようぜい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遠経は、陽成、光孝の二帝の朝に権威をふるって、大氏族藤原の繁栄をひらいた関白基経の弟である。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
西暦八七七年に即位した第五十七代の天皇陽成も、それであった。(広池千九郎著『皇室野史』一三〇ページ)法律上、無能力者である人を天皇の地位につけていたのであった。
昔は陽成院の御物だったものなのだがね。
源氏物語:37 横笛 (新字新仮名) / 紫式部(著)