“闖賊”の読み方と例文
読み方割合
ちんぞく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから半年ほど経つと、かの闖賊という怖ろしい賊軍が蜂起して、江北は大いに乱れて来たので、南方でも警戒しなければならない。
青蛙堂鬼談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
一方、かの闖賊は勢いますます猖獗になって、都もやがて危いという悲報が続々来るので、忠節のあつい将軍は都へむけて一部隊の援兵を送ることになった。張訓もその部隊のうちに加えられた。
青蛙堂鬼談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)