“邳郡”の読み方と例文
読み方割合
ひぐん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
玄徳は即日、兵馬をととのえ、徐州には糜竺簡雍の二人をとどめて、自身、関羽、張飛、孫乾のを率きつれて、邳郡から淮南への往来をり塞ぐべく出発した。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)