“輗”の読み方と例文
読み方割合
げい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
信は人と人とを結ぶ大切な楔で、たとえて云えば牛車のや馬車ののようなものじゃ。輗や軏を取り去れば、車は牛車から離れて一歩も動かぬ。世の中もその通りじゃ。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
年四十八。子ナシ。本郷ノ某寺ニ葬ル。銘シテ曰ク、既ニ風月ヲ楽ミ、マタ美禄ニ飽ク。杯ヲツテ一タビスルヤ、ニ眠ツテ覚メズ。誰カ薄命トイフ。ワレハコレヲ福トイハン。友人西島
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
余はこの車のごろごろ行くところを見て、たりたりと形容したくなった。輗の字も※の字も判然たる意味を知らないのだが、乗ってる人は定めて輗※たるものに相違なかろうと思ったからである。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)