“豆描友禅”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まめがきゆうぜん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“豆描友禅”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
京屋吉兵衛は代々の紺屋こうやで、三代前の吉兵衛は京都へ行って友禅染ゆうぜんぞめの染方をならって来てこれに工夫をくわえ、型紙をつかって細かい模様を描くことを思いつき、豆描友禅まめがきゆうぜんという名で売りだしたが、これが大変に流行し江戸友禅という名でよばれるほどになった。
顎十郎捕物帳:18 永代経 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)