“諷言飄逸”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふうげんひょういつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“諷言飄逸”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「わたくしの邸の近所に住んでいるものであります。才学たかく、奇舌縦横ですが、生れつき狷介けんかいで舌鋒人を刺し、諷言飄逸ふうげんひょういつ、おまけに、貧乏ときていますから、誰も近づきません。——しかし、劉表とは、書生時代から交わりがあって今でも文通はしておるらしいようです」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)