“被見”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひけん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“被見”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「左様です。——これはまた、それがしのぬかりでした。まず、主人政職よりのこ書簡をご被見ひけん下しおかれますように」
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さて淨書して之房の道柏、利安の卜庵に被見ひけんを請うたのが、寛永三年十一月十二日である。
栗山大膳 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)