“蝦夷拾遺:えぞしゅうい” の例文
“蝦夷拾遺:えぞしゅうい”を含む作品の著者(上位)作品数
本庄陸男1
“蝦夷拾遺:えぞしゅうい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼らのうちの一人である佐藤行信は蝦夷拾遺えぞしゅういに書きしるして云った――「イシカリ川、その源は遠く山間に発し、委蛇いいとして西海に入る、沿岸は渺漠びょうばくたる大原野ありて四方便利の地たり、これを開かば一大国府となるべし」ついで
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
PR