“董狐豈独人倫鑒:とうこあにひとりじんりんのかんならんや” の例文
“董狐豈独人倫鑒:とうこあにひとりじんりんのかんならんや”を含む作品の著者(上位)作品数
芥川竜之介1
“董狐豈独人倫鑒:とうこあにひとりじんりんのかんならんや”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
崑崙外史こんろんぐわいしの題詞に、「董狐豈独人倫鑒とうこあにひとりじんりんのかんならんや」と云へる、また這般しやはんの消息を洩らせるものに非ずして何ぞや。