“落合芳幾:おちあいよしき” の例文
“落合芳幾:おちあいよしき”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂1
“落合芳幾:おちあいよしき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それが水野年方みずのとしかたとなり、落合芳幾おちあいよしきとなり、輝方てるかた英朋ひでとも年恒としつね年英としひでとなり、そして巨匠鏑木清方かぶらぎきよかたとなったことは言う迄もありません。
芳年写生帖 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)