“落合直文:おちあひなほぶみ” の例文
“落合直文:おちあひなほぶみ”を含む作品の著者(上位)作品数
芥川竜之介1
“落合直文:おちあひなほぶみ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
けれども萩の四五株しかない上、落合直文おちあひなほぶみ先生の石碑を前にした古池の水もれになつてゐるのは哀れだつた。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)