“落人狩:おちゅうどが” の例文
“落人狩:おちゅうどが”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“落人狩:おちゅうどが”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼ら一そんの一ト旗組も、地理に明るいところから、夜来やらい、幕軍の落人狩おちゅうどがりの犬となって、あちこち獲物を求め歩いていたが、いま神童子越えのあざ“岩間”の山中まで来ると、先を歩いていた仲間が、
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)