“萵苣:チシャ” の例文
“萵苣:チシャ”を含む作品の著者(上位)作品数
牧野富太郎1
“萵苣:チシャ”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学4.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
イワヂシャは通常蔭になって湿っている岩壁に着生しその葉(大なるものは長さ一尺に余り幅も五、六寸に達する)は皆下に垂れて重たげに見え、質厚く極めて柔軟でややもろく、かつ往々闊大でノッペリとしているので、これを見る者は誰れでも直ちに萵苣チシャ(チサ)の葉を想起せずにはかない葉状を呈わしている。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)