脚絆甲掛きゃはんこうがけ)” の例文
「あの、これはわたくしので」縫っているのは女の脚絆甲掛である。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)