“聖心”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かみごころ50.0%
みこゝろ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかして今や神よりただちに神の何たるか、その聖心かみごころの何たるかを教えられつつあるのである。最も貴きはこの知識である。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
神の聖心みこゝろやはらぐ日までわれ此罪のためにこゝにこの重荷を負ひ、生者しやうじやの間に爲さざりしことを死者の間になさざるべからず。 七〇—七二
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)