“義弟君”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おととぎみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“義弟君”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「そこで当然、次代の執権職は、誰かとなるが、御一族中では、赤橋守時殿などが、最も望みをしょくせられておる。……もし赤橋殿が、次の執権職と定まれば、申すまでもなく、高氏どのは、一躍、執権職のおん義弟君おととぎみと仰がれるわけ……。いや、えらい御栄達が目に見えておる」
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あいかわらず、鎌倉府内における彼の“ぶらり駒”は有名で、以後も武者所詰の一員であるほかは、なんの頭角とうかくも現わしていない高氏だったが、しかし、前執権ぜんしっけん(——彼の妻登子の兄北条守時は七月七日退職、新たに北条茂時が執権職につく)の義弟君おととぎみとして、しぜん諸人は彼をもいつか別格においていた。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)