“罰使”の読み方と例文
読み方割合
ばっし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
銭瓶の穴に人の落ちた時は、必ず高麗村から罰使が駆けつけて来て、その時ごとに、神財を分けてくれることは、かれらが祖先からの例で、今に始まった事ではありませんが、まず滅多にないことで
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)