“置戸”の読み方と例文
読み方割合
おきど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここに八百萬の神共にりて、速須佐の男の命に千座置戸を負せ二一、またと手足の爪とを切り、祓へしめて、神逐ひ逐ひき。