“千位置戸”の読み方と例文
読み方割合
ちくらおきど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たとへば神代の豪傑たる素戔嗚の尊に徴すれば、尊は正に千位置戸の刑罰を受けたのに相違ない。しかし刑罰を受けたにしろ、罪悪の意識は寸毫も尊の心を煩はさなかつた。
僻見 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)