“千坐置戸”の読み方と例文
読み方割合
チクラオキド100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此罪悪を犯せしによりて、千坐置戸を科せられ、鬚を切られ、手足の爪を披かれて、素盞嗚尊は神やらいにやらわれて、遂に出雲国に天降りするに至れり。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)