“織部介”の読み方と例文
読み方割合
おりべのすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、城戸へ向って行ったので、家臣の庄田喜兵衛次、服部織部介などが大手の坂まで追いかけて
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名) / 吉川英治(著)