“織部正重然”の読み方と例文
読み方割合
おりべのかみしげなり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昔茶人であった織部正重然の好みの焼物だといい、鉄で簡素な紋様をあしらい、所々に緑の色を垂らしたものを指します。全く和風な好みの濃く現れている焼物であります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)