“緒方正規”の読み方と例文
読み方割合
おがたまさのり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
向い側には緒方正規氏が前から住んでいられましたが、そこはお広いようでした。その頃郵便局のあった横町から這入るので、左へ曲ると行止りになる袋小路でした。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)