“総兵衛忠重”の読み方と例文
読み方割合
そうべえただしげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水野総兵衛忠重榊原小平太康政など、その追い槍の烈しさに、たえず手の長刀を、うしろざまになぎ払いながら、やっと退いたほどだった。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)