“絞羽二重”の読み方と例文
読み方割合
しぼりはぶたえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
クシャクシャになった夫人常用の絞羽二重長襦袢が包みこんであって、それに血を拭き取った跡がしく附着していたからだ。
悪霊 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)