“経律異相”の読み方と例文
読み方割合
きょうりついそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
経律異相』四九に羊鳴地獄の受罪衆生は、苦痛身を切り声を挙げんとしても舌く転ぜず、直ちに羊鳴のごとしと見え、ラッツェルの『人類史』にアフリカのズールー人新たにとなる者