“素木造”の読み方と例文
読み方割合
しらきづく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかもその美しい素木造りの教会は、その雪をかぶったった屋根の下から、すでにもう黒ずみかけた壁板すらも見せていた。それが一層そのあたり一帯を私に何か見知らないように思わせ出した。
風立ちぬ (新字新仮名) / 堀辰雄(著)