“紛乱昏迷”の読み方と例文
読み方割合
ふんらんこんめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「しかし、今、呂布も亡んで、天下は震動しています。雄略胆才もみな去就に迷い、紛乱昏迷の実情です。この際、丞相が断乎として、覇道を行えば……」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)