“紅顔”の読み方と例文
旧字:紅顏
読み方割合
こうがん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがてチョコチョコと現われたは少くも口髯ぐらいやしてる相当年配の紳士と思いの外なる極めて無邪気な紅顔の美少年で、「私が森です」と挨拶された時は読売記者は呆気に取られて
鴎外博士の追憶 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)