“紀州中納言光定”の読み方と例文
読み方割合
きしゅうちゅうなごんみつさだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大御所十番目の御連枝紀州中納言光定公の第六の若君源六郎殿が、修学のため滞在していて、ふだんから悪戯がはげしく、近在近郷の町人どもことごとく迷惑をしていたが
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)