“粕淵”の読み方と例文
読み方割合
かすぶち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
石川を現在の江川だと見立て、邑智粕淵村の津目山を鴨山だろうという仮説を立てたのであったが、昭和十二年一月、おなじ粕淵村の大字湯抱に「鴨山」という名のついた実在の山を発見した。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)