“籾蔵前”の読み方と例文
読み方割合
もみくらまえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昌之助の弟銀之助はことし二十二歳で、深川籾蔵前の大瀬喜十郎という二百石取りの旗本屋敷へ養子に貰われている。昌之助と銀之助は兄弟仲も悪くない。
半七捕物帳:67 薄雲の碁盤 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)