“籕文”の読み方と例文
読み方割合
ちゅうぶん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今、西村先生ここに論及せざるものは、けだしこれを目睫するものならん。およそ人の万物に霊たるは、その思慮考按のあるゆえんなり。これをもってよく古代の籕文を読み、磨滅の篆字を解す。
平仮名の説 (新字新仮名) / 清水卯三郎(著)