はた)” の例文
彼はその深夜に動いて行く松明の輝きを想像し、なぞを想像し、幣帛、弓、なぞを想像し、その想像を同門の人たちのささげて行く四大人の御霊代にまで持って行った。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)