“篠原玄蕃”の読み方と例文
読み方割合
しのはらげんば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これ吾妻の丸山といって、昔、羽根尾長門守の臣篠原玄蕃という剛の者、この山上にを構えしといい伝えられている。