“筑後水天宮”の読み方と例文
読み方割合
ちくごすいてんぐう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
筑後水天宮祠官の家に生まれ、京都学習院の徴士にまで補せられ、堂々たる朝臣の列にあった真木和泉がたとい生きながらえているとしても
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)