“神八井耳命”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんやいみみのみこと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神八井耳命”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そのときいちばん下の神沼河耳命かんぬかわみみのみことは、中のおあにいさまの神八井耳命かんやいみみのみことに向かって、
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
お二人の中には、日子八井命ひこやいのみこと神八井耳命かんやいみみのみこと神沼河耳命かんぬかわみみのみことと申す三人の男のお子がお生まれになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)