“真南”のいろいろな読み方と例文
旧字:眞南
読み方(ふりがな)割合
まみなみ50.0%
まんみなみ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“真南”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
……お前も知っている通り、十五日は朝から夕方にかけて、かなり強い西北にしきたの風が吹いた。大帆をかんぬきがけにして舵をしっかりと楫床へくくりつけ、追風に吹かせて真南まみなみへつっぱなせば、船はひとりでに相模灘へ出て行く、まかり間違って伊豆の岸へでもぶっつかって沈んだら、それはそれで結構。
顎十郎捕物帳:13 遠島船 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
大潮を真南まんみなみに上げさっと吹く風とともに、その団扇がハッと落ちて、宙に涼しい昼の月影のようにひらひらとひるがえると見るうちに、水面へスッと流れて、水よりも青くすらすらと橋へ寄った。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)