“白花品:はっかひん” の例文
“白花品:はっかひん”を含む作品の著者(上位)作品数
牧野富太郎1
“白花品:はっかひん”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学10.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
芍薬しゃくやく姉妹品しまいひんで、わがくにの山地に見る白花品はっかひんは、ヤマシャクヤクで、その淡紅花品たんこうかひんはベニバナヤマシャクヤクである。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
はじめシベリアでった白花品はっかひんへ、ロシアの学者のパラスが、Paeonia albiflora Pallas の学名をつけてその図説を発表したが、満州〔中国の東北地方一帯〕に産するものには、淡紅花たんこうかのものが多い。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)