“白絣姿:しろがすりすがた” の例文
“白絣姿:しろがすりすがた”を含む作品の著者(上位)作品数
堀辰雄2
“白絣姿:しろがすりすがた”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
八月の間は、村をあちこちと二三人ずつ組んで散歩をしている学生たちの白絣姿しろがすりすがたが私を村へ出てゆくことを億劫おっくうにさせていた。
菜穂子 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
八月の間は、村をあちこちと二三人ずつ組んで散歩をしている学生たちの白絣姿しろがすりすがたが私を村へ出てゆくことを億劫おっくうにさせていた。
楡の家 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
PR